マンガ・アニメ

逃げ上手の若君の恋愛キスシーンは雫だけ?胸キュンシーンはある?

逃げ上手の若君(キスシーン)

逃げ上手の若君は主人公、北条時行が鎌倉滅亡から再起を図り、天下をめざす歴史ファンタジー作品です。

おおよそ歴史(史実)に沿った内容で、戦いなどのシーンが多い作品ですが、最新刊までにあったキスシーンについて掘り下げていこうと思います。

一方、逃げ上手の若君でのキスシーンは、一般的なキスシーンとは異なり、少々(だいぶ)雫のツンデレと変態要素が強めな内容となっています。(笑)

また胸キュンシーンや恋愛模様についても併せてチェックしていきましょう。

\無料立ち読み多数/

逃げ上手の若君

逃げ上手の若君の恋愛キスシーンは雫のみ

北条泰家の手引きで京に赴いた時行達は、身分を隠して華やぐ大都会の文化を堪能します。

しかし神力を宿す少女・魅摩(みま)との双六対決で早々、窮地に追い込まれるのでした。

キスシーン情報➀時行と雫がキスした背景

逃げ上手の若君(雫)

京の街中を散策中、風間玄蕃はお色気たっぷりの女性たちに逆ナンされます。

まんまと連れていかれた先で、博打(双六)に負けて身ぐるみ全部はがされていたのでした。

さらに女性たちの監視のなか、全裸双六をする興奮で精神が壊れるという変態ぶりを発揮していました。(笑)

風間玄蕃を取り戻すため、神力を宿す少女・魅摩(みま)と双六対決をすることになったのです。

キスシーン情報②双六で勝つために時行を眠らせてキス

神力を宿す少女・魅摩(みま)は佐々木道誉の娘で、足利尊氏の一派でした。

そんな神力をもつ魅摩に時行は歯も立たず、さっそく窮地に追い込まれます。

そして出目の差がつき、勝負がつきそうになったとき、雫が時行を膝に寝かせ、一瞬で眠らせるのでした。

そこからは大胆なキス&告白の嵐です。※時行に意識はない

は魅摩どころか、酸いも甘いも知っていそうな賭場の女達を釘付けにする濃厚なキスを周囲に見せつけながら、双六を続けるのでした。(漫画でもモザイクかかってます)

諏訪大社の巫女、怖い(笑)

魅摩の心を乱しつつ、功名にイカサマを混ぜて追い詰めていき、見事勝利するのでした。

キスシーン情報③キスする前と後の雫のセリフ

時行の前では素直になれない雫。

双六を交代する際、魅摩(みま)に時行との只ならぬ関係を問われ、心理的な揺さぶりをかけられます。

一方、雫の返答は、

雫「ううん、全然。主君だから身代わりになるのは当然だけど男性としては全っ然の然」

何とも思っていないような素振りで振舞っていました。

しかしまあ、時行(兄様)を膝に寝かせ、濃厚なキスをした後、時行の意識がないことを分かっていて

「大好き」と大胆な告白をするのでした。

ツンデレがすぎますね。(笑)

キスシーン情報④時行はキスされたことを覚えていない

キスにより(?)見事な逆転勝利で玄蕃を取り戻した雫。

一方、自分が意識失っている間に勝負が決まって訳の分からない状態の時行に、雫はさらにツンデレの言葉をかけるのでした。

雫「あと念押し、好きじゃないから、兄様の事なんて全っ然」

時行「何か気に障る事言ったかな?相変わらず雫は浮世離れしててよくわからない」

時行だけが、キスされたことや雫の愛に気づいていませんが、雫の重すぎる愛とツンデレは周囲にバレバレなのでした。

キスだけじゃない!逃げ上手の若君の胸キュンシーンや恋愛は?

キスシーンのほか、逃げ上手の若君の胸キュンシーンや恋愛模様についても見ていきましょう。

胸キュンシーン➀亜也子と雫の恋愛トーク!時行の結婚相手

足利尊氏を倒せたら、北条時行の結婚相手をどう考えているか、という話です。

雫も亜也子も時行が好きですが、雫はお家のため、帝側近の公家の娘や有力な武家の娘を時行の正室にと考えているようです。

しかしここで亜也子の大胆発言。

「若様(時行)を正室に取られる前に、二人で山分けしちゃおうよ」

この発言に雫も動揺しますが、側室話には乗り気ではないようでした。

一方、亜也子はいつ死ぬかわからない身であることから、自分だけでも時行と契りを結びたいと考えているのでした。

うーん、胸キュンというか、切ないとも言える戦国時代ならではの恋愛トークですね(笑)

色んなしがらみがあるなかで、側室でもいいから好きな人と結ばれたいという、強い気持ちが感じられました。

胸キュンシーン②弧次郎と秕(シイナ)

シイナは元々北条の下で戦っていた武士でしたが、鎌倉の戦いで両手が使えなくなり、生きる意味を見失っていました。

たまたま時行たちと出会い、五郎正宗という有名な伝説の刀工の所へ連れていかれます。

そこで時行は、秕(シイナ)に合う武器の作成を依頼。

そして秕(シイナ)に与えらえたのは、右足に沿うように装着された足そのものを武器にした長刀と、欠損した手の指には代わりに義手代わりの鉄の爪の武器でした。

ついでに髪もきれいに整えた秕(シイナ)に一同驚きを隠せません。

そこで秕(シイナ)を「姉さん」とよぶ弧次郎に、

シイナ「ところで弧次郎殿。年上ですが私は新参者。姉さんはいけません、どうかシイナと呼び捨てに」

この言葉に弧次郎もドキドキを隠せず顔は真っ赤(笑)

弧次郎にもついに胸キュンな春到来です!

時行「聞いてくれ皆!弧次郎に春が来た!皆で密かに助太刀しよう!」

弧次郎の恋バナに時行も大興奮で、自分のことのようにはしゃぐ世話焼き好きな若君なのでした。

胸キュンシーン③風間玄蕃と天狗(夏)

足利氏側の忍である「天狗集団」

その一人であった夏(足利のくノ一)

敵である北条側に捕まり、なんとか逃げますが、大失態をした手前足利にも帰れず、素性を隠して風間玄蕃のもとに身を寄せていました。

そんな中、新たな爆弾をつくるため、うん○の回収をさせられたり、実験中爆発したり…とてんやわんやです。

しかしその無邪気な探求心をもつ玄蕃に夏は心惹かれ、さらに狐の面を外した素顔が、思いのほかイケメンと来た。(笑)

まんまと、胸キュンしてしまった「夏」の恋、どうなるのか楽しみですね。

\無料立ち読み多数/

逃げ上手の若君

逃げ上手の若君でのキス&胸キュン恋愛シーンまとめ

ポイント

【逃げ上手の若君キスシーン】

  • 逃げ上手の若でのキスは、魅摩(みま)との双六対決での出来事
  • 双六で勝つために時行を眠らせて濃厚なキスをする
  • 時行はキスされたことを覚えていない
  • 雫のツンデレと重すぎる愛は周囲にバレバレとなった。

【逃げ上手の若君★恋愛模様】

  • 時行の結婚相手について語らう雫と亜也子
  • 弧次郎とシイナの恋
  • 風間玄蕃と夏(天狗)の恋

ちなみに双六で対決した足利尊氏一派の少女・魅摩(みま)は佐々木道誉の娘であるため、今後もまた再登場しますよ!

また新刊によりキスシーンや恋愛模様があれば随時更新していきます。

お楽しみに!

-マンガ・アニメ

© 2024 意識高いマンガ&本好きですがなにか Powered by AFFINGER5